Ebiten 1.11 Release Notes

Ebiten 1.11 リリースノート

v1.11.0

Issues for v1.11.0

New features

新機能

Game interface and RunGame

Game インターフェイスと RunGame

Game interface and RunGame function are introduced. These are new API to run a game.

Game インターフェイスと RunGame 関数が新規追加されました。これらはゲームを実行するための新しい API です。

Run function is not deprecated and will remain for a while, but it is recommended to use Game interface and RunGame function for new usages.

Run 関数は廃止されず当面残りますが、新規案件では Game インターフェイスと RunGame 関数を使うことが推奨されます。

These are ncessary to make the window resizable instead of Run (Issue 943).

ウィンドウを可変サイズにするために Run の代わりに使う必要があります (Issue 943)。

Resizable window

サイズ可変ウィンドウ

For more details about a resizable window, see the blog article.

サイズ可変ウィンドウの詳細についてはブログ記事を参照してください。

type Game struct{}

func (g *Game) Update(screen *ebiten.Image) error {
    // Update the game state
    return nil
}

func (g *Game) Draw(screen *ebiten.Image) {
    // Draw the current game state
}

func (g *Game) Layout(outsideWidth, outsideHeight int)
    (screenWidth, screenHeight int) {
    // Accepts the outside size (e.g., window size), and
    // returns the game screen size.
    // The game screen scale is automatically adjusted.
    return 320, 240
}

func main() {
    g := &Game{}
    if err := ebiten.RunGame(g); err != nil {
        panic(err)
    }
}

Window position

ウィンドウ位置

Transparent screen

透過スクリーン

Floating window

常時最前面ウィンドウ

You can develop a desktop mascot application with these API. See the mascot example.

これらの API を使って、デスクトップマスコットアプリケーションが作れます。 mascot サンプルを参考にしてください。

Capturing cursor

カーソルキャプチャ

Misc.

その他

Performance improvement

パフォーマンス改善

Deprecated API

廃止予定 API

Bug fix

バグ修正

v1.11.1

Issues for v1.11.1

Bug fix

バグ修正

v1.11.2

Issues for v1.11.2

Bug fix

バグ修正

v1.11.3

Issues for v1.11.3

Bug fix

バグ修正

v1.11.4

Issues for v1.11.4

Bug fix

バグ修正

v1.11.5

Issues for v1.11.5

Bug fix

バグ修正

v1.11.6

Issues for v1.11.6

Bug fix

バグ修正